忍者ブログ

遠景(教育情報)

大学編入等の教育関係の情報と私の考えを投稿しています。「知恵袋」に私が投稿した内容をリライトした情報も掲載しております。掲載内容は、すべてオリジナルです。

外国人でも公立学科の教諭になれる。

文部科学省が平成3年に発布した「在日韓国人など日本国籍を有しない者の公立学校の
教員への任用について」の通知により、平成4年度から、外国籍であっても、公立学校
の教諭になる道が開かれています。

日本国籍を有しない者の教員採用
https://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/others/detail/1318366.htm

ただし、日本人とまったく同じ採用試験を受けるわけであり、外国人用の試験はないわけ
ですから、採用試験に合格する難易度は高いです。

採用試験は、すべて日本語で出題されるわけですから、日本語能力試験N1の実力が当然
必要です。

 

また採用する側にとっても、採用試験で同点だった場合、日本人か外国人か、いずれを
採用すべきか、という判断で、どうしても、保護者対応力、職員室での、教員間コミュ
ニケーション力を考えると、安全パイである、日本人を採用しがちになるでしょう。

教諭の中で、一定割合を外国人にするという数値目標でも無い限り、外国人教諭が増えて
いく可能性は低いでしょう。

拍手[0回]

PR

コメント

毎日貯まるポイントサイト ECナビ