忍者ブログ

遠景(講演会等情報)

偶然に参加した講演会で、今までとは違った景色が見えるようになることがあります。さまざまな、知的で、感動的なインパクトを私たちに与えてくれる講演会、イベントの情報を記事にしています。拍手するをクリック頂けると更新の励みとなります。

「一日一死」~今日一日を真剣に生き抜くこと~

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「一日一死」~今日一日を真剣に生き抜くこと~

明治大学連合駿台会寄付講座「一日一死」~今日一日を真剣に生き抜くこと~が開催されます。

木下 唯志(キノシタ タダシ)氏が明治大学の学生時代、体育会剣道部で培った「一日一死」の精神。

それは、今日一日を真剣に生き抜くことで、どんなところでも乗り越えられるという先輩からの訓えであった。

魂を揺さぶる、木下氏の講演。

聞いてみたいものです。

いかに人間は心の、意識の変化によって変わるものか気づいた木下氏は、内村鑑三著「後世への最大遺物」に大きな感銘を受け、「人間は何を残せるのだろうか」と思考に思考を重ね、ついに「万人が誰でも残せるものは、高尚な人生、人格や品格であり、教育によって人を残すこと」という結論に至る。

大学卒業時に都市銀行に内定を得たものの、父親の病により木下サーカスに入社を決意する。

ところが入社直後に空中ブランコの事故で約3年間の闘病生活を余儀なくされてしまう。

その後、兄が早逝。

遺志を継いで経営者となった同氏は、約10年間で十数億の負債を完済する。

その波乱万丈の人生から得た気づきとは何か。

現在ではサーカスというエンターテインメント業界において、モナコをはじめ世界の要人として、ビジネスパーソンとして活躍する同氏が後世に残したいモノとは。

日 時:2015年11月5日(木)開場18:30 開講19:00~20:30
会 場:明治大学 駿河台キャンパス 
      グローバルフロント1階 グローバルホール
料 金:無 料
申 込:事前予約制です(全席自由、先着200名)
    リバティアカデミー事務局まで電話か、HPからお申し込み下さい。
       TEL 03-3296-4423
    URL academy.meiji.jp/course/detail/2721/

 

講師紹介:
木下 唯志(キノシタ タダシ)
木下サーカス株式会社代表取締役社長、世界サーカス連盟大使
1950年岡山市生まれ。1974年明治大学経営学部卒業。同年木下サーカス株式会社入社。
1981年常務取締役海外本部長兼務。1991年4代目として同社代表取締役社長に就任。
2006年日本仮設興行協同組合理事長に就任。
2011年モンテカルロ国際サーカスフェスティバルの審査員に日本人として初めて選出される。
2015年1月モナコのステファニー王女より、世界サーカス連盟の2015年の大使 Ambassadeur du Cirque 2015に任命され、世界で6人目の特別大使となる。明治大学体育会剣道部出身、剣道三段。




拍手[2回]

PR

コメント