忍者ブログ

遠景(講演会等情報)

偶然に参加した講演会で、今までとは違った景色が見えるようになることがあります。さまざまな、知的で、感動的なインパクトを私たちに与えてくれる講演会、イベントの情報を記事にしています。拍手するをクリック頂けると更新の励みとなります。

日本経済の課題と構造改革のオプション-IMFの見方

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

日本経済の課題と構造改革のオプション-IMFの見方

IMFは、毎年4条協議を通じて日本経済の審査を行っています。

今回、その準備ミッションが訪日する機会を捉え、ミッションチームから、日本経済の抱える諸課題や構造改革(特に労働市場)の問題についてのIMFの見方を発表してもらうセッションが東京大学で実施されます。

貴重な機会で、無料ですので、日本経済の現状把握にご関心のある皆さんのご参加を期待しています。
 
【日時】2016年1月18日(月) 14:00-17:00(予定)

【場所】東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター地下2階 伊藤謝恩ホール

【主催】東京大学政策ビジョン研究センター (PARI)、国際通貨基金(IMF)

【言語】日英同時通訳

申込URL https://park-ssl.itc.u-tokyo.ac.jp/pari/app/passy4.cgi?eventid=ev160118


プログラム

14:00 第一セッション:「日本経済の諸課題」

スピーカー  リュック・エフェラールト 国際通貨基金(IMF)アジア太平洋局 Assistant Director, 対日ミッション・チーフ

討論者 菅野雅明 J.P. Morgan マネジングディレクター チーフエコノミスト、吉田昭彦 財務省国際局国際機構課長 (予定)

モデレーター 篠原尚之 東京大学政策ビジョンセンター(PARI)教授
 
15:30 特別スピーチ 浅川雅嗣 財務省財務官


15:45 第二セッション:「構造改革のオプション―日本の労働市場の改革」

スピーカー  デニス・ボットマン IMFアジア太平洋局 Deputy Division Chief、ジョバンニ・ガネリ IMFアジア太平洋地域事務所次長

討論者  宮本弘曉 東京大学公共政策大学院(GraSPP)特任准教授

モデレーター 植田健一 東京大学経済学部准教授




拍手[2回]

PR

コメント